花粉のシーズン到来


花粉症のある人にとっては憂うつなシーズンになってきました。

 

目の痒み、充血などのアレルギー性結膜炎

くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎

そして近年、増加している皮膚の痒みやヒリヒリ感を伴うアレルギー性皮膚炎

 

今年は各地で前年比1.5倍から2倍の花粉飛散量が予測されているのでゾッとする人も少なくないでしょう。

 

ある人は「腸内環境を整えればアレルギーは治まる。」

ある人は「自律神経を整えればアレルギーは治まる。」

ある人は「〇〇を食べれば花粉症が治る。」

 

インターネットを覗けば色んな情報が飛び交っていますよね。

そして毎年テレビなどのメディアで紹介される

「〇〇を食べれば…」の〇〇が売り切れるという現象が起こる。

 

それでも花粉症の有症者数は増える一方です。

 

何かおかしいと思いませんか?

 

「〇〇を食べれば…」に関しては

当然、他に何をどれだけの量食べているのかも、大きなポイントとなるのですが、そこに目を向ける人は少ないように思います。

例えば数年前、話題になったオメガ3脂肪酸。

亜麻仁油やエゴマ油が飛ぶように売れていましたね。

ところが亜麻仁油などを毎日、摂っていても全く改善されていない人もいます。

 

確かに亜麻仁油などに含まれるα-リノレン酸は体内でEPAやDHAに変換され、炎症を抑えてくれる働きがあります。

しかしその一方で炎症を促進するサラダ油などのリノール酸や肉類に多く含まれるアラキドン酸を多く摂っていたら、少々亜麻仁油などを摂っても、体に変化は感じられません。

要はバランスなんですよね。

腸内環境を整えるために有用な乳酸菌をせっせと摂取しても、スナック菓子やカップ麺、加工食品ばかりを食べていたら大した効果は得られません。

これもまたバランス。

躍起になって「あれがいい!」「これがいい!」と話題になっているものを摂るよりも、まずは「まごはやさしい」あたりのバランスのいい食生活を試みるといいかもしれませんね。

 

ま…まめ

ご…ごま

は(わ)…わかめ(海藻)

や…野菜

さ…魚

し…しいたけ(キノコ類)

い…芋類